Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ |リリー・フランキー

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
扶桑社 刊
発売日 2005-06-28
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★★




読んでよかった! 2005-10-27
 作者のリリーフランキーといえば、雑誌にエッセイを書いてる人だよね。ぐらいの印象しかありませんでしたが、あまりの感動にびっくりしました。すばらしいです。リリーとおかあさんの間にあるものすごく太い愛情が、ひしひしと伝わってくる本でした。初めはかなり笑えるところもあり、時々胸をぎゅっとつかまれるような感動がきます。そして後半はもう涙涙・・です。親子の愛って本当にすばらしいものだなあとあらためて感動できました。親孝行がしたくなる本でした。
 でも男の子の母親に対する愛情は、女の子が母親に対する愛情とは全然別物だと思います。男はみんなマザコンだというけど、まさにその通りだと思いました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/4/13に作成しました。


スポンサーサイト

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。